セフレに嫉妬するけど、本命彼女にするのは嫌だ!どうすれば良い?

  • 「セフレが他の男の話をすると、嫉妬してしまう…」
  • 「セフレを独り占めしたいけど、付き合うのは嫌だ…」
  • 「セフレを好きになりそうな、自分をどうにかしたい」

 

セフレ女性に嫉妬する男性

 

女性からすると、理解に苦しむ感情なのかもしれませんね…

 

なんと我がままで、自分勝手な感情なのかと、批難されるかもしれません。

 

しかし、このページを見ている男性の中には、「分かるよ」って共感してくれる方もおられるのではないでしょうか?

 

セフレに対して、嫉妬してしまう。

 

これって好きってことじゃないのかって自問自答したりするけど…

 

でも、やっぱり付き合って縛られたくない、他の女子とも遊びたいから、付き合いたくはない…

 

セフレとセックスを重ねる度に、感情が積もっていくのは自然の摂理です。

 

本当に性処理としてしか女性を見ていないタイプの男性なら、こういった感情で悩まされることもないのでしょうが…

 

私は、女性にとっても「都合のいい男」として、活用してもらえるセフレ関係がベストだと考えています。

 

セフレと言えど、女性として扱い、そのことで女性に満足してもらい、かつ自分も恋愛レベルを磨いたり、自分の自尊心を高めたり…

 

そういったお互いが良の関係でいられるのが、理想のセフレ関係だと考えています。

 

それを踏まえて、セフレとして付き合う女性によっては、どうしても付き合うことはしたくない、けど、セフレとしてはキープしておきたい…

 

そういった絶妙なラインに立つセフレ女性がいるものです。

 

こういった状況で、今後セフレとどういった付き合い方をすればいいのか迷っている。

 

そんな男性のために、私の経験を踏まえた持論をお伝えしてみたいと思います。

 

セフレに嫉妬するくせに、彼女にはしたくないという中途半端な自分の感情に困っている男性に参考になれば幸いです。

 

 

セフレ関係で理想のスタンスとは?

 

適度な距離感を保つ男女

 

セフレ関係において、私が考える理想的なスタンス、距離感、考え方があります。

 

それは、彼女に良い彼氏が見つかるように…、そうなってくれても全然OKだよ!といったスタンスです。

 

ようは、余裕ってことですね。

 

実際、セフレというのは恋愛の穴埋めのような関係であり、お互いの生活において潤滑油となる関係性だと認識しています。

 

本気で付き合うタイプではないけど、異性として意見を聞けたり、セックスをして壁を取っ払って理解しあえたり…

 

お互いに楽な関係ですね。

 

付き合うような窮屈な関係は求めておらず、いい意味で都合がいい異性関係である。

 

これが、セフレにおける理想的なスタンスだと私は経験から実感しています。

 

そのため、他に良い男がいれば、全然そちらに行ってもらってもOKだし、必要なら継続して話を聞いたりセックスしたりするよってスタンスが「お互いに」必要なのです。

 

女性にとっても、ある意味であなたが「都合のいい男」になるのがセフレ関係としてはベストです。

 

実際、私のセフレだった女性達の多くは、彼氏ができると私から離れていきます。

 

勿論、寂しいですが、快く送り出します。

 

なかば教師のような、そんな心境ですかね、分からないですけど(笑)

 

その一定数は、彼氏と別れると戻ってきたりするわけですが…

 

セフレ女性に嫉妬を感じるのは危険

 

嫌味を言う男性

 

もし、セフレの彼女が他に男を作ることに嫉妬を感じてしまうのなら、少しスタンスを考え直す必要があります。

 

そのまま行くと、彼女に対してセフレではなく、本命としての感情に向かっているからです。

 

そのまま、相思相愛でセフレ関係から本命関係に変化するのもOKと考えるのなら問題ないですよ。

 

それはそれで、素晴らしいことです。

 

そのまま、彼女を大事にして、付き合ってもらえるように努力することになるでしょう。

 

セックスするほどの関係にある女性です。

 

一般の女性に対するアプローチよりも、成功率は高い事でしょう。

 

この場合、このページで取り上げているような「嫉妬するけど付き合いたくない」という矛盾するような悩みを抱くはずがありませんね。

 

しかし、本命彼女にするのは無理だけど、セフレとしてキープしておきたい…

 

そんな状態を希望するタイプのセフレ彼女も、結構いるものです。

 

私も経験があります。

 

ただやはり、セフレ彼女として付き合っていくには危険なサインです。

 

中途半端なスタンスのままセックスを重ねても、彼女の方からあなたに違和感を感じるようになるでしょう。

 

しいては、彼女の方からあなたを見限って、離れていくことにもなりえます。

 

あなたが中途半端に嫉妬を感じていると、その感情は彼女にも伝わります。

 

それでいて、セフレから関係を昇華させる気もないとなれば、彼女からすると意味不明な対応だと感じられてしまいます。

 

余裕がない、器が小さい、楽しくない…

 

彼氏でもない男が、セックスを許可してもらうためにはそれなりの魅力が求められます。

 

ライトな関係としてセフレのように付き合っているのに、中途半端な嫉妬や束縛を持ち出されると女性は引きます。

 

セフレ女性に嫉妬を抱くスタンスは、遅かれ早かれ破滅を招くといっても、過言ではないでしょう。

 

セフレに嫉妬を感じる時の対処法

 

別の彼女

 

結論からいいます。

 

解決策としては、やはり他にセフレを作って、1人のセフレ彼女に対する依存度を下げることです。

 

セフレ関係の女性に、依存度を増していくと、中途半端な状況に認知不協和を起こしまくり、解決策が見えずに自滅してしまう恐れが高まります。

 

簡単な話、彼女にしたくはないのに、いちいちジェラシーを感じて不機嫌な態度を取ってしまったり…

 

責任を取りたくないのに失いたくないといった我がままな感情を自分で処理できなくなったり…

 

そんな状況で自分で自分にプレッシャーをかけてしまいがちです。

 

私自身が、その経験を何度かしました。

 

情が移りやすいタイプってのもありますね。

 

かといって、付き合うのは重いし、そういうタイプには見れないし…

 

言葉にすると、なんと我がままな感情だと自分でも呆れますが、男性なら分かるって方もおられるのではないでしょうか…

 

本命にする気が無いけど、好きって感情が「愛情」に変わってしまいそうな予感がする。

 

すなおに、その流れに乗れるのなら乗ってしまえば良いけど、今は乗れない…

 

その場合の対処法としては、まずは距離を置くか他に拠り所を増やして依存度を散らすか…

 

これが有効な対処法でしょう。

 

あなたの依存度を下げることで、逆に彼女側からの告白したいといった恋愛感情も散らす事ができます。

 

元カノをセフレ化したり、出会い系で出会った子をセフレにしたり…

 

意識してセックス網を作り上げていけば、誰でも日常的にセックスに困らない環境を作ることは可能です。

 

やはり本命ではなくセフレ関係を構築する上では、1人の女性に依存してジェラシーを感じるような状態では難しいでしょう。

 

本気の恋愛をするのか、セフレを囲って男レベルを上げるのか…

 

後者であれば、一先ず経験を増やし、感情を散らして依存度を下げる事が大切です。

 

 

他にセフレがいれば、一人のセフレに執着する気持ちも薄れます。

 

その余裕が、セフレを吸引したりするので、恋愛というのは面白いものです。

 

追うと逃げ、逃げると追われる

 

恋愛だけでなく、人生における法則の一つですね。

 

セフレとして関係をキープしていきたいのなら、依存は禁物、追いすぎないで追われる男を目指しましょう。

 

まとめ

 

まとめ

 

セフレを囲うのだって、楽ではありませんからね。

 

セフレに嫉妬するのなら、今さら感があるとしても、そのままの流れで告白してみるのも良いでしょう。

 

告白してセフレ関係が切れるのが怖い…

 

そんな風に感じて、中途半端な感情で関係を続けている男性もおられるでしょう。

 

どうにかしたいと思うのなら、何かしらの行動が必要ですね。

 

焦る必要もないでしょうが、自分がその状態を続けたくないと感じるのなら、徐々に行動してみると良いでしょう。

 

吉と出るか凶と出るか、それは行動してみないと分からないのが宇宙の法則です。

 

私のお勧めはセフレを増やす努力をすることです。

 

セフレが2人以上同時進行で囲えると、一気に恋愛偏差値は爆上がりしていきます。

 

多くの場合、視野が狭くなっている事が原因で、物事というのは停滞してしまいます。

 

色々な女性と出会ってみると、今まで見えなかった世界が見えて、いま悩んでいることが一気に解消されたりするものです。

 

その手段に、出会い系は重宝しますよ。

 

肩の力を抜いて、自分自身とじっくりと対話してみて下さい。

あなたに感謝します

この記事を読んでくれたあなたが恋愛成就するように願います。

また、このブログでは記事のクオリティーをチェックしています。

もし今回の記事が良かったのなら、是非1クリック応援をお願いします。

クリックが多いと、新記事の更新頻度が確実に上がります(笑)

ただクリックするだけでOKです。ブログランキングのHPに飛びます。


≫恋愛ランキング応援する


このブログを読めば、他では得られないモテトンボ式恋愛ノウハウをこっそりと「無料」で獲得できます。

出会いがないって人は、こちらでサクッと出会いを量産してください。

\自宅に居ながら女性と出会う/

今なら無料ポイント贈呈中で得します!


私の現役20年の恋愛テクニックの英知を詰め込んでおります。

ワンナイト(一夜)よりもワンハンドレッドナイト(百夜)を目的としています。

一発やれればOK!ではなく、100発やれる関係の構築を目指した恋愛テクニックです。

そんな私が書いた今回の記事を少しでも良いと思われたのなら、TwitterやFBなどでシェアして下さい!

いいねやシェアが多いほど、記事を書くモチベーションになります。

みんなで愛のある性活を!

 

このページの先頭へ戻る