セフレが欲しい男の3つの注意点!これが出来ないとトラブル多発?

  • 「セフレが欲しいけど、どうやって作るの?」
  • 「セフレを作ったはいいけど、維持できない…」
  • 「セフレとの関係を続けるための、コツを知りたい!」

 

セフレとベッド

 

セフレが欲しいけど、どうやって作れば良いのか分からないですよね?

 

周りの男で、セフレを持つ男に聞いてみても、「自然とそうなった」としか言わないし…

 

しかし、あなたがいくら女性との交友関係が少ない状態であっても、1,2か月後には密かにセフレを持つ勝ち組になれます。

 

街でナンパしまくって、断られ続ける必要もありません。

 

このページでは、セフレが欲しい男性のために、コスパが良い作り方と、そのセフレ女性を捕まえた後に気をつけることを3つご紹介します。

 

セフレが欲しいと考えている男性は、早い段階でこの知識を抑えておくと、良好な関係を長くキープできる男になれるでしょう。

 

 

セフレが欲しい男性が気をつけること3選

 

セフレとランチ

 

セフレを道具のように扱わない

 

セフレを道具のように扱う男性がいます。

 

都合が良い時に呼び出して、さっさと終わらせて帰らせる。

 

生理だと分かると、「来なくていいよ」と冷たくあしらう…

 

セフレという響きに、男性の欲望をイメージしてしまう方もおられますが、それは違います。

 

セフレとは、男性と女性が「WINWIN」でなければ意味がありません。

 

お互いが「都合が良い関係」を構築してこそ、セフレ関係が成り立ちます。

 

セフレを道具のように扱う男性は、セフレから得られる本物の快楽を知りません。

 

風俗とは違い、お互いが求めあって溺れるような、そんなセックスを得られません。

 

セフレを道具のように扱うのではなく、女性として大切に扱う事、一緒にいる時には飛び切りの女性として扱う事が大切です。

 

それによって、セフレとの性行為が極上のものへと昇華していきます。

 

極道映画とか漫画から影響を受けてか、乱暴なセックスの対象をセフレに向ける方もおられますが…

 

そういった趣向に付き合ってくれる女性は、メンヘラ系か依存系の女性に多い印象があります。

 

男性は、女性を幸福や満足に導くことで、男性も幸福を感じられるものです。

 

義務的なセックスを求め続けていても、そこに男として、雄としての満足感は得られないでしょう。

 

人妻や彼氏持ちには細心の注意が必要

 

セフレとは、本命とは違う、体と心の癒しの存在です。

 

一緒にいる時だけは、お互い日常の雑事や雑念を忘れられるような…

 

そんな理想の関係を構築していくのが、セフレの目指す形です。

 

時に、人妻や彼氏持ちの女性がセフレのような立ち位置に来ることもあります。

 

その際に、失楽園ではありませんが、お互い都合が良い関係以上を求めているようではセフレ関係は成り立ちません。

 

それは、浮気程度ではすまず、離婚や慰謝料といったキーワードがちらつく関係となってしまいます。

 

人妻でセックスレスの女性は、実に既婚女性の6割ともいわれます。

 

多くの人妻が、旦那と義務的なセックスをこなすか、セックスレスになってタダの同居人となっているか…

 

そのような状況ですので、どうしても世の中に不倫や浮気は無くならないのが常です。

 

そうではなく、もしあなたが既婚男性なら、セフレを夫婦関係を良好に保つための潤滑油のような目的で利用できると良いでしょう。

 

妻だけに満足できず、悶々とした日々を過ごすくらいなら、セフレを作ってみるのも一つの手です。

 

ただし、セフレとして関係を構築できる女性を選ぶ必要があります。

 

既婚男性にとっては、多少のリスクがあるので推奨は出来ませんが…

 

既婚女性でセフレを求めている女性は、山ほどいるのが実情ではあります。

 

人妻や彼氏持ちの女性と関係を持つ際には、相手側にも「踏み込まない」という条件を最初の段階で結んでおく必要があります。

 

女友達をセフレにしたり、元カノをセフレにする場合以外であれば、やはり今は出会い系アプリが一番セフレを作りやすい方法です。

 

理由は明白!

 

セフレを求める女性が沢山登録しているからです。

 

重たい関係ではなく、都合が良い時にサクッと会って、サクッとセックスができる男を求めている女性を捕まえれば、自然と踏み込まないセフレ関係を構築し、関係を積み上げていくことも可能です。

 

執着の分散を心がける

 

セフレを作る事で、一人の女性に対する執着を分散することが可能です。

 

一人の女性しか抱けない状況というのは、時に窮屈さといら立ちを起こします。

 

また、女性があなたとのセックスに義務感をもって臨んでいるのなら、あなたが満足のいく状況にはならないでしょう。

 

セフレを持つことは、こういった執着の分散により、男としての余裕をもたらしてくれます。

 

セフレを作る際には、一人の女性に執着しないように意識して付き合っていく必要があります。

 

セックスをすると好きになってしまうという自覚がある男性ほど、セフレを求めるのなら意識して感情を調整する必要があります。

 

その為にも、セフレを作るのなら、複数の女性との関係を維持できている状態がベストです。

 

私の経験上、2人の女性をセフレに出来れば、おおむね性で不満を抱くことはなくなります。

 

執着を分散させて、気心の知れたセフレを捕まえれば、自然と男としての余裕も生まれてきます。

 

セフレが欲しい男性が選ぶべきセフレ量産法

 

出会い系でメールが沢山届く

 

元々、女性との交友関係が平均以上の男性であれば、自然とセフレになってしまったという女性がいたりします。

 

元カノだったり、女友達だったり…

 

なんとなく二人で会って、なんとなくそういう流れになってしまった。

 

「やっちゃったね」

 

こういったセリフを女性に言われて、男としての高みに上がったような誇りを得たって方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、女性の交友関係が平均以下だと自覚されている男性であれば、自然とセフレが出来たって状況とは縁遠いことでしょう。

 

その場合には、やはり自分から動く必要があります。

 

ストリートに立って、女性に片っ端から声をかけて、飲みに誘うって方法もありますが、それは現実的ではありませんね。

 

まして、私のようなアラフォーくらいの世代だと、それは中々現実離れしています。

 

若い男性から私くらいの世代、それ以上の定年の世代の男性でも、セフレを見つける方法があります。

 

それが、先ほども触れた出会い系アプリです。

 

 

どういった属性の男性であっても、大量に登録している出会い希望の女性と結ばれる可能性があります。

 

風俗で愛の無いセックスで虚しく一発放出するくらいなら、そのお金で出会い系アプリで高確率で複数の女性と出会えます。

 

出会い系アプリを使って女性と出会い、自然とセックスをする流れに持ち込めれば、その中から継続して付き合うセフレ女性が出てきます。

 

このページで解説した、セフレを作るときの注意点も意識しつつ、アクティブに行動すれば複数の女性を囲うことも夢ではありません。

 

顔も見た目も社会的なステータスも、平均若しくはそれ以下だっていう私のような男性こそ、出会い系は賢く使うべきです。

 

まとめ

 

まとめ

 

セフレが欲しい男性は、女性をセックスの道具のように扱わない、人妻や彼氏持ちには注意する、執着をしないように分散させる。

 

こういった点に注意して、セフレ活動を邁進してもらえればと思います。

 

セフレと良好な関係は、実生活に計り知れない好影響をもたらしてくれます。

 

男性だけでなく、女性にとっても同じく、好影響をもたらせるような関係を目指しましょう。

あなたに感謝します

この記事を読んでくれたあなたが恋愛成就するように願います。

また、このブログでは記事のクオリティーをチェックしています。

もし今回の記事が良かったのなら、是非1クリック応援をお願いします。

クリックが多いと、新記事の更新頻度が確実に上がります(笑)

ただクリックするだけでOKです。ブログランキングのHPに飛びます。


≫恋愛ランキング応援する


このブログを読めば、他では得られないモテトンボ式恋愛ノウハウをこっそりと「無料」で獲得できます。

出会いがないって人は、こちらでサクッと出会いを量産してください。

\自宅に居ながら女性と出会う/

今なら無料ポイント贈呈中で得します!


私の現役20年の恋愛テクニックの英知を詰め込んでおります。

ワンナイト(一夜)よりもワンハンドレッドナイト(百夜)を目的としています。

一発やれればOK!ではなく、100発やれる関係の構築を目指した恋愛テクニックです。

そんな私が書いた今回の記事を少しでも良いと思われたのなら、TwitterやFBなどでシェアして下さい!

いいねやシェアが多いほど、記事を書くモチベーションになります。

みんなで愛のある性活を!

 

このページの先頭へ戻る