【年の差10歳以上】おばさんをセフレにする方法!誘い方と育て方!

  • 「年の差10歳以上のセフレが欲しい…」
  • 「おばさんをセフレにして、上手に付き合う為には?」
  • 「熟女でも良いから、セフレを作る方法を教えて!」

 

40代女性

 

おばさんと言っても、人によって対象のイメージは様々でしょう。

 

30代からおばさんと感じる人もいれば、「熟女系といえば50代でしょ」って人もおられるでしょう。

 

私が考える熟女系おばさんは、40代から50代をイメージしています。

 

最近の40代や50代の女性の中には、見た目が30代に見えるくらい綺麗な女性もたくさんいますね。

 

女性として若くある為に、日々努力をしているおばさんも多く、とても「おばさんなどと呼ぶのは恐れ多い」と感じてしまうくらい綺麗な女性もいます。

 

田舎にも、綺麗な40代の女性などゴロゴロいる時代ですからね…

 

化粧の技術や美容商品の充実などが理由でしょうが、なんにしても我々男性にとっては有難いことです。

 

このページでは、便宜上おばさんと表記しますが、綺麗な40代以上の女性をセフレにしたいと考える男性の気持ちは、ある意味では当然です。

 

20代の男性が40代の女性を抱きたいと感じるのも、今の時代では珍しくない感情でしょう。

 

私の経験から考える、年の差10歳以上の女性との付き合い方やセフレにする上での注意点等について解説してみました。

 

年上の女性、10個以上年上の女性を落としたいと考えている男性は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

おばさんセフレの誘い方

 

熟女系おばさん

 

誘いはストレートでOK

 

歳の差が10歳以上ある女性を口説くのなら、そこに駆け引きは不要です。

 

駆け引きをしても良いですが、あまりコスパが良くありません。

 

歳の差が10歳以上ある女性からみれば、あなたは若いイケイケのオスです。

 

ストレートに求めていけば、それこそが年上女性が求める若い年下男としての魅力として映ります。

 

「こんなおばさんでも、良いの?」

 

年の差おばさんが抱く感想は、この「私で良いの?」という申し訳ないような謙遜の気持ちがメインです。

 

下手な駆け引きは失笑されてしまう恐れもありますし、「この子、めんどくさそう…」といったマイナスのイメージを持たせてしまうかもしれません。

 

おばさんにとって、年の差が10個も離れたあなたは、ある意味で「子供」です。

 

直球で求めていけば、それが最も確率の高い誘い方となります。

 

最初に希望を伝えておく

 

気をつけておきたいのが、事前に立ち位置を明確にしておくという事です。

 

とにかくヤリタイ一心で口説く男性が沢山いますが、「好きだ好きだ」というだけで体を求め続けていると、しっぺ返しを喰らう可能性があります。

 

いくらおばさんとは言え、10歳年下のあなたに本気になってしまうかもしれないからです。

 

もちろん、あなたも本気の恋愛をしたいと考えているのであれば、全く持って問題はありません。

 

しかし、このページではおばさんセフレを作ることを目指す男性向けに記事を書いています。

 

セフレとして年の差が10個以上離れたおばさんを落としたいと考えているのなら、早い段階で「遊び」であることを明確にしておく必要があります。

 

これがないと、泥沼のような男女関係に発展してしまう恐れもあります。

 

最初に、「彼女はいらない」「●●さんとは、セックスが出来るだけで十分だ」と相手が理解しておくように行動することが大切です。

 

セフレ希望だと暗に伝える方法

 

とはいえ、直接「●●さんは、セフレだからね」と言ってしまえる関係なら良いのですが、なかなか直接伝えづらいこともあるでしょう。

 

そういう時は、会う頻度を少なくします。

 

多くて月に1回くらいにします。

 

さらに、連絡も殆ど返さないくらいでOKです。

 

LINEを貰ったら、緊急の用事でなければ、翌日か二日後に返信する。

 

これで、相手はあなたが本気の恋愛ではないとほぼほぼ察してくれるでしょう。

 

その上で、あなたが求めれば応じてくれる…

 

おばさんセフレは、同世代のセフレよりも、この冷たい対応でも応じてくれるケースが多いのが魅力です。

 

おばさんからすると、10個も年下の男とセックスが出来るってことに最大の魅力を感じている…

 

セフレを作れる環境であるおばさんにとって、10個年下の若い男とセックスできるって状況はある意味で勝ち組です。

 

その権利をみすみす手放そうとしないおばさんが多く存在しています。

 

セフレ希望だと暗に伝える行動をすれば、おばさんの方から「私たちは、いい感じのセックスフレンドだね」とか言ってくれたりします。

 

そうなれば、「ほんと、助かってます(笑)」とか言って、笑って返してあげましょう。

 

おばさんセフレには、変な見栄を張る必要もなく、素の状態で付き合ってあげましょう。

 

優しく接することは当然ですし、乱暴に扱うなどは論外です。

 

おばさんにとっても、あなたが都合の良い男だと思ってもらえるような、そんな立ち位置を早い段階から目指しましょう。

 

おばさんセフレの育て方

 

おばさんセフレとデート

 

全てをさらけ出さない

 

最初から、すべてをさらけ出してアタックする男性がいます。

 

しかし、これはリスクヘッジという点からもデメリットが大きいのでお勧めしません。

 

セックスまでありつけたとして、そこで豹変してしまう女性というのは少なくないのが実情です。

 

セックスをした瞬間から、一気に「ストーカー気質」を全開にしてくる女性もいます。

 

これは別におばさんだからとかではなく、すべての女性、いや女性にかぎらず男性にも多いですね。

 

セックス=彼女、という公式を強く信じている女性の中には、セックスした後からLINEの嵐、電話の嵐を浴びせてくるケースも珍しくありません。

 

そのため、やはり最初の段階、相手のことを深く知らない段階においては、リスクヘッジをしておく必要があります。

 

特に最初からセフレを希望する関係であれば、その辺の配慮は不可欠です。

 

例えば、身近にいるおばさんを狙ってしまったりすると、あとあと周りの人間関係にまで悪影響を及ぼしかねません。

 

今いる環境で、あなたの居場所がなくなってしまうほど、あなたを執拗に追いかけまわし、期待に応えてくれないと分かると一気に悪い男として悪評を流されてしまうリスクもあります。

 

そういった意味でも、やはり年の差10歳以上のおばさんなどを安全に狙いたい、選びたいという事であれば出会い系の一択になるのではないでしょうか?

 

出会い系では、ある意味で選び放題ですし、出会うエリアを設定して安全に活動することが出来ます。

 

最初の段階では、下の名前しか名乗らなかったり、連絡先もLINEだけにしておいたり…

 

何より、最初の段階から、自分のことを聞かれても適当に誤魔化したり、教えないよってスタンスを暗に伝えておくと良いですね。

 

その辺の空気を最初の段階できちんと読んでくれるかどうかも、セフレに出来るかどうかの選別の一つの指標に出来ます。

 

実際に会ってみたけど、これはセフレに出来そうにない、セフレにするとヤバイな…

 

出会い系で知り合った女性であれば、相手も数打っていい男を探している状態です。

 

あなたがさっと身を引いても、深追いしてくる確率も少ないですし、周りの人間関係にも全く持って影響を与えずに済みます。

 

これが身近のおばさんを狙って口説いてみて、そこまでやっておいて後から「やっぱ、違うな」と思って修正しようとしても、相手によっては反撃されてしまうというわけです…

 

どう考えても、身近のおばさんをセフレにする目論みはリスクが多く、終わらせる時もノーダメージでは済まないでしょう。

 

おばさんセフレとの継続のコツ

 

おばさんとセフレ関係を結ぶと、いろいろと嬉しい特典も付いてきます。

 

場合によっては、一切避妊が不要だったり、アブノーマルなプレイに喜んで応じてくれたい…

 

熟女系おばさんならではの、特典が付いてきます。

 

年の差10歳以上の女性をセフレにした時に、注意したいのが距離感ですね。

 

この一点に尽きます。

 

おばさんに限らず、セフレ関係全般に言えることですが、とにかく近づき過ぎないように、依存しすぎないように気を付けましょう。

 

あなたが依存すれば、相手もいずれ依存してしまいます。

 

依存関係のセックスフレンドは、健全なセフレ関係とはいえません。

 

火種を常に燻らせているような状態での関係維持となり、どちらかが機嫌を損ねてしまうと、一気に修羅場に発展してしまうリスクが潜んでいます。

 

やはりおばさんセフレとの関係を上手に続けていくのなら、距離感をとって、連絡も3日4日、場合によっては2週間くらい一切連絡をしない…

 

それが当たり前のような関係が気軽で長持ちしやすいコツです。

 

セフレおばさんが街をデートしたいと求めてきたりしても、あなたが嫌ならはっきりと断りましょう。

 

「●●さんの新しい彼氏ができるまでの関係で十分だから…」

 

俺は彼氏ではないからね、という事を、事あるごとに伝えておくと、距離感が保てて、相手も踏み込みすぎず、依存するような状態を避けられます。

 

ただ、会ったときは「綺麗だね」「若いよね」と、魅力を伝えて、女性の気持ちを満たしてあげることは大切です。

 

セフレだから、セックスだけな!といった感じで、道具のような扱いでは関係維持は難しいのが当然ですね。

 

おばさんとは言え、女性である事実を忘れずに丁寧に対応しましょう。

 

まとめ

 

まとめ

 

熟女系のおばさん、年の差が10歳以上離れているような女性とのセフレ関係を望むのなら、大切なのは「出会い方」と「距離の取り方」ですね。

 

この二点に注意して、数をこなしていくと、きっと素敵なセフレおばさんとの関係が作れることでしょう。

 

人妻のおばさんなどは、非常に危険などで避けた方が良いですね。

 

バツイチで独身のおばさんなどが、ターゲットとしては最適ではないでしょうか?

 

未婚で恋愛経験が少ない40代以上の女性は、セフレには不向きですので、私は絶対に手を出しません。

 

事前に避けられるリスクは避けて行動することが、健全なセフレ活動をするにおいて重要な考え方となります。

 

何か参考になれば、幸いです。

あなたに感謝します

この記事を読んでくれたあなたが恋愛成就するように願います。

また、このブログでは記事のクオリティーをチェックしています。

もし今回の記事が良かったのなら、是非1クリック応援をお願いします。

クリックが多いと、新記事の更新頻度が確実に上がります(笑)

ただクリックするだけでOKです。ブログランキングのHPに飛びます。


≫恋愛ランキング応援する


このブログを読めば、他では得られないモテトンボ式恋愛ノウハウをこっそりと「無料」で獲得できます。

出会いがないって人は、こちらでサクッと出会いを量産してください。

\自宅に居ながら女性と出会う/

今なら無料ポイント贈呈中で得します!


私の現役20年の恋愛テクニックの英知を詰め込んでおります。

ワンナイト(一夜)よりもワンハンドレッドナイト(百夜)を目的としています。

一発やれればOK!ではなく、100発やれる関係の構築を目指した恋愛テクニックです。

そんな私が書いた今回の記事を少しでも良いと思われたのなら、TwitterやFBなどでシェアして下さい!

いいねやシェアが多いほど、記事を書くモチベーションになります。

みんなで愛のある性活を!

 

このページの先頭へ戻る